三千院 法要行事のお知らせ

images/pic-monshu1.jpg

...................................................................................................................................................................................................... 三千院 2月の予定 : ...................................................................................................................................................................................................... 『節分会』 日時 2月3日: 時間 午前9時 場所 宸殿 ..........................................................................................................................................................................................................  「節分」とは「季節の変わり目」のことを指します。その「節分」の中でも今日では特に、2月の立春の前日を指すことが多いかもしれませんが、 本来は立春だけではなく、年に四回、立春・立夏・立秋・立冬の前日、春夏秋冬の始まりの日を表します。 三千院では、一年間災いが無く、幸せに暮らせますように、一年間の日数と同じ365巻(閏年の年は366巻)の般若心経を読誦し、祈願いたします。 .......................................................................................................................................................................................................... 『初午大根焚き(はつうまだいこんだき)』 日時 2月8日~2月11日: 時間 午前9時~16時 場所 不動堂前広場 .......................................................................................................................................................................................................... 初午とは、立春を過ぎて初めての午(うま)の日のことです。 古くからある農耕儀礼であり、五穀豊穣の神である稲荷明神が神馬に乗って君臨した故事にちなんで、初午の日に神事や法要が行われます。 三千院では、五穀豊穣とともに、皆様の無病息災、開運招福をご祈願いたします。 なお、期間中は金色不動明王のご加護とご利益をいただけるよう祈祷した、地元大原の畑で有機栽培された大根を大釜で炊いて、お振る舞いいたします。 .......................................................................................................................................................................................................... 『涅槃会(ねはんえ)』 日時 2月15日: 時間 午前11時 場所 宸殿 ..........................................................................................................................................................................................................  2月15日は仏教を開かれたお釈迦様が入滅(お亡くなり)された日です。 「涅槃」とは、本来は迷いのなくなった境地を指していいますが、お釈迦様がお亡くなりになったことも「涅槃」と呼ばれています。 三千院では、その入滅された様子が描かれた「涅槃図」を掲げて、その遺徳を偲ぶ法要を執り行います。 涅槃図には、お釈迦様が沙羅双樹(さらそうじゅ)の下で、頭を北に、お顔を西に向けて横たわり、そのまわりには多くのお弟子さん始め、全ての生き物が嘆き悲しんでいる様子が描かれております。   また、お釈迦様が臨終を迎える際、お体が金色に輝き、仏舎利(お骨)が五色に光り輝いたとされていることから、宸殿にて五色豆の授与をいたしております。 .......................................................................................................................................................................................................... 『星供(ほしく)』 日時 2月28日: 時間 午前11時 場所 宸殿 ..........................................................................................................................................................................................................  星供とは、人が持って生まれた運命の星を供養することによって、一年間の除災厄除と開運を祈る法要です。 三千院では、宸殿内陣正面に「星供曼荼羅(ほしくまんだら)」(延命、除災を祈る密教の修法。星供の本尊)を掲げ、 その周囲に道場を守護する「十二天像」(日天、月天および十方を守護する十二種の天部の神々)を配し、ろうそくの灯りを星に見立て、奉修いたします。 ろうそくの灯りのみとなった堂内に、ほのかな灯りが浮かび上がり、静粛な空気に包まれます。 星の輝きの如く灯されたろうそくの元、皆様お一人お一人のその年の守護星を供養し、除災招福を祈願いたします。 ..........................................................................................................................................................................................................

Copyright © 2020.1.28 sanzenin All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る