展示・行事 exhibition 円融蔵展示室

所蔵文化財の保存活用を目的とした
収蔵・展示施設「円融蔵」のご案内です

三千院では天台宗開宗千二百年、当院開創千二百年慶謹を記念し、
一寺院「一願一行」事業の一環として、所蔵文化財の保存と活用を目的とした
収蔵・展示施設の建設が国庫補助事業として平成18年10月16日に完成しました。

当院の経蔵「円融蔵(えんにゅうぞう)」には三千院開創以来、仏教・国文・国史や門跡寺院特有の皇室の記録や史伝等、中古・中世・近世にわたって書写され蒐集された典籍文書を多数所蔵しております。
殊に、大原の地は慈覚大師円仁により天台声明の根本道場が開かれ、のち融通念仏を広めた聖応大師良忍が「声明」を集大成したところです。
「念仏」の聖地、祈りの里として極楽往生を願う人々の憧れの里となってきました。その中心的存在であった「往生極楽院」には弥陀三尊の頭上に極楽浄土を表す天井画が描かれています。
今では肉眼ではかすかな痕跡しか見られませんでしたが、展示室内に現存最古と云われる山形に板を貼った「舟底型天井」を原寸大に設え、藤原時代の人々が、現世に往生極楽を願い、浄土思想に基づいて描かれた天井画を創建当時の極彩色で復元いたしました。
ご参拝される皆様それぞれに、古の文化に思いを馳せていただく空間となれば幸甚です。

  • 重要文化財不動明王立像(ふどうみょうおうりゅうぞう) 
    一躯 鎌倉時代
    木造 像高98.0
    不動明王は、密教の主尊である大日如来の使者として真言行者を守護する尊格である。 本像は腰をやや右にひねり、左足を踏み出して立ち、右手に剣、左手に索(さく)を持つ。そして券髪で弁髪を左肩に垂らす姿。 木造の特徴のひとつとして、腰にまとう裳の衣文が浅いながらも、変化に富んでいることがあげられる。慈覚大師円仁の作と伝わる。
  • 重要文化財救世観音半跏像(ぐぜかんのんはんかぞう)
    一躯 鎌倉時代 
     木造 像高72.0
    鎌倉時代の寛元四年(1246)制作の木造仏で、頭頂に髷(まげ)を作らず、袍衣(ほうえ)や裳(も)の形式、衣文(えもん)など、忠実に飛鳥・白鳳時代の古式を表しており、四天王寺創建当時の本尊像を模していることがわかる。 なお、梶井宮門主は四天王寺別当を兼ねることとなっており、本像もその関係から三千院に伝わると考えられる。
  • 常設展
  • 過去の展示
' . $content->post_title . ''; echo $content->post_content; ?>
' . $content->post_title . ''; echo $content->post_content; ?>